2020年10月3日土曜日

オムニクロマという新製品

 ついに当院にもオムニクロマが届きました。

商品名を書いても歯科に無関係な方には分かりませんね。
光で固まるレジンの新製品の事です。
今やネイルアートや手作りアクセサリーなどの材料として簡単に手にできるようになってますが
歯科では30年以上前から保険の治療にもあるくらいポピュラーなものです。
歯科で使うものは、安全性や耐久性は当然のこと、色も重要で、おじま歯科でも色や硬さ別に何本もずらっと並べて治療しています。

話をオムニクロマに戻しますが、何やらすごい特許の高性能なカメレオン効果で、自然に歯の色に馴染むようです。
後からホワイトニングをして歯の色が変化しても追随して適合すると書かれていますから、本当にそうなのか楽しみです。



2020年9月15日火曜日

デルフィーノで院内丸ごと抗菌コート

 デルフィーノという感染対策をご存知ですか?

コニカミノルタさんのホームページの言葉をお借りすると「デルフィーノとは感染ゼロを目指した抗菌・抗ウィルス・防カビ・防臭製品です」そして「独自のコーティング剤を噴霧することで、ミクロン粒子がオフィスの隅々までまるごとコーティングしウィルスを不活性化する抗菌サービスです。マスクや手洗いだけではどうしても防ぎきれない接触感染を予防します。」と書かれています。
リンク→ここから
少し難しい話になりますが、光触媒(酸化チタン)と抗菌触媒(銀)と三元触媒(プラチナ)の3つの触媒を組み合わせた新技術だそうです。

さて、ここから本題。
おじま歯科では、当初より水にこだわって参りました。
そこから院内の空気にも配慮するようになり、「水と空気のきれいなおじま歯科」となって長くなります。
今年は新型コロナがきっかけで、さらにデルフィーノで院内を丸ごと抗菌コーティングしました。
院内での接触感染リスクをゼロにするためです。
ドアノブやハンドル、ボールペンや手鏡などはもちろんのこと、普段は手も触れない天井や、引き出しの裏に至るまで抗菌コートされました。
施工前と施工後で見た目は何も変わってません。
水や空気と同じく、こういったこだわりは目に見えないものです。
ですが、患者様と私たちスタッフを守ると信じて、こだわり続けて行きます。

写真は玄関に貼った施工済の青いステッカーです。
大きな意味があるのに、とても控えめなサイズですので写真には矢印をつけました。


2020年8月7日金曜日

体温計付きの鏡などなど


受付の手前に置いた手指の消毒のディスペンサーが新しくなりました。
これまでは、容器の前で手を出して待っているとスプレーが出てくるタイプでしたが、容器の上をプッシュしたくなるのが人情なようで、叩かれたせいかは不明ですが壊れてしまいました。
写真の手前に映っている新しいものは、上に手をかざすと下からスプレーが湧き上がる仕組みです。
今の所、まだ叩かれてはいないので安心して見守っています。

もう一つ、奥に映っているものは、体温計付きの鏡です。
顔を近づけると0.5秒で体温測定の結果が出ます。
来院の際は、面白がってやって下さるといいなと思っています。
2020年08月07日 10:32

2020年7月20日月曜日

対策をして幼稚園の歯科検診


幼稚園の歯科検診に行ってきました

今年はグローブ、マスク、ゴーグル、グローブの他にフェイスシールド、園児一人毎の手の消毒等などあらゆる感染対策を講じて臨みました。

園児は歯科医師の前に来てからマスクを外すという流れで
例年よりゆったり進みました。

長女(歯科医師)のお手伝いもあり、歯科医師4名、衛生士と助手合わせて8名体制でした。

滞りなく検診を終えたあたりから
園内に苺シロップの良い香りがしてきました。
幼稚園の先生がせっせとかき氷を作って園児たちに運んでいました。

これまでは6月に検診があったので、かき氷を目にしたのはこれが初めてでした。
園児の皆さんにとって、幼稚園での歯科検診が楽しい思い出になってくれたらいいなぁと思いました。
もちろん、私達にしてみれば、この日の事は新型コロナに係る思い出の中ではダントツの楽しい思い出ナンバーワンになることでしょう。

2020年6月27日土曜日

手を触れずにスプレー

6月といえば、歯の衛生週間もあって、ブログには幼稚園での歯科検診の模様を書くのが恒例でした。
今年はコロナの影響で検診も来月に延期になりました。
元気なちびっ子に会える日が今から楽しみです。

さて、当院では、治療に関係する滅菌・消毒はもちろんのこと、待合室での患者様同士のディスタンスにも配慮しております。
受付の手前に手の消毒、椅子は離し、プラズマクラスターを設置。
消毒のディスペンサーは触らずに済むタイプですので、手をかざすだけで噴霧されます。
スプレーが出るまでのほんの少しの間に院長やスタッフ達の似顔絵を見て和んで頂けたら幸いです。


2020年5月12日火曜日

患者様間の距離を保つために


写真は現在の待合室の様子です。
椅子を間引いて配置しております。
緊急事態宣言が出るより前から、いち早く対策を立てて患者様にもご理解・ご協力を頂いて参りました。
最短時間で診察台にご案内するために完全予約制にし、なおかつ皆様が時間通りに来院して下さるので、待合室を素通りの場合がほとんどです。
会計も次回の予約も診察台で済ませ、そのままお帰り頂いてます。
オーラルヘルスケア用品をお買い求めで受付にいらっしゃった方との距離も今の所は問題なく至っております。

当院はずっと「水」にこだわって参りました。
毎回、治療に先立って、POIC水(高濃度次亜塩素酸水)でうがいハミガキをして口腔内の除菌を徹底してます。
治療時には歯を削る水も歯石取りの水も次亜塩素酸水で行っています。
たっぷりの次亜塩素酸水で洗ってから器具は滅菌器にかけられます。
患者様とスタッフの安心安全のために設備を整えてきました。
さらに充実させて参ります。


2020年4月17日金曜日

31年目に入りました

2020年4月2日、おじま歯科は30歳。
30周年記念の日でした。
外出自粛の中なので、お赤飯を配達してもらって祝いました。
まだ暖かい箱から手に温もりが伝わって、心まであったかくなりました。
この30年の間、大雨で浸水寸前になったり、3.11の地震では計画停電の日はやむなく休診したり、様々な事が有りました。
今また、新型コロナで未曾有の緊急事態を体験してます。
その中で、これまで苦労を共にしてきたスタッフ達の支えが本当に頼もしく有り難く、改めて感謝を感じています。
31年目も、スタッフと歯科医師と一丸となって精進してまります。
どうぞ、おじま歯科をこれからもよろしくお願い致します。